レンタカーを初めて借りる時の注意点

レンタカーは何度か利用すればすぐに慣れてきますが、初めて利用するような場合は少し戸惑ってしまうかもしれません。しかし、利用するにあたってあらかじめどのようなことに注意をすればよいのかということを知っていれば、不安を感じることなくレンタカーを利用することができるようになります。では、どのような点に注意するべきなのか、借りる前に車をチェックするということ、保険の条件を確認するということなどが注意点として確認しておきたい点です。これらの注意点は車以外のレンタルにはないことですから、特に注意しておきたい点です。なぜ、これらの点に注意しなくてはいけないのかというと、車を使う場合はぶつけてしまったり、何らかのトラブルに巻き込まれることがあるからです。

借りる前に車のチェックをしっかり行う

レンタカーを利用する場合は、出発前に営業所にて車の傷を確認します。この作業があるので、実際に利用をする時間よりも早めに営業所に行く必要があります。時間ぎりぎりに行ってチェックをすると、チェックがいい加減になってしまい、車を返す際に自分が付けた傷なのか、以前よりあった傷なのかわからなくなってしまうことがあります。車の傷の情報は、会社が書面として残していますが、出発前に新たな傷が見つかった場合は、自分が付けたものと誤解されてしまうことを回避するために書面に新たに残しておいてもらう必要があります。ですから、自分の目でしっかりと車に傷がないかどうかをチェックするということが大事になってきます。もし、万が一自分で傷をつけてしまった場合は、返却時に正直に話すことも大事になってきます。後になって、傷があると判明するとトラブルになってしまう可能性があります。

レンタカーが加入している保険を確認しておく

車を借りる際に、最初に保険がどのようになっているのかということをスタッフから説明されることになりますが、会社によって加入している保険が違う場合もありますから、しっかりと説明を聞いて、わからないことがあれば、質問して確認するということが大事になってきます。もし、この点をおろそかにしてしまうと、後々になってトラブルになってしまう可能性があるので注意が必要になってきます。通常会社が加入している保険としては、対人無制限、対物無制限、人身傷害1名につき3000万円までの保証がついている保険に加入していることが多いです。ただし、これらの保証は運転中にシートベルトを着用していなかったり、勝手にあて側と示談したり、飲酒運転、無免許運転などをしていたような場合は補償を受けることができないので注意が必要になってきます。

法人様毎のご要望に応じてレンタカーを最適なプランをご提示させていただきます。 自損事故による修理費用を免除するサービス(補償)もございます。 SUV・RV12時間まで7,000円、24時間まで9,000円 会員特典として会員ランクに応じた優待会員価格や特典(クーポン)などご用意しております。 軽クラス12時間まで2,500円、24時間まで3,500円