急にレンタカーが必要になった時の指南書

日本全国どこにでもあるレンタカーですが、軽自動車から大型車までさまざまにあります。一般に利用する乗用車はもちろんのこと、仕事で使うトラックやバス、レジャーで使うキャンピングカーなど用途に応じて多種多様にあります。その用途は、観光地へ行ったときに現地で借りたり、自動車を持っていない人は観光や仕事で使いたいときなど、さまざまな目的で利用することができます。取り扱っている車種も店それぞれ異なり、すべてがすべて同じものがあるとは限りません。一般的な方法としては、事前に予約してから利用するということですが、大体は1か月くらい前から数日前くらいまでに予約します。また、今ではカーシェアリングと呼ばれる複数の人で利用するものもあり、主に会員制ですが必要な時に自由に使えるというメリットがあり、少しずつ普及してきています。そこで、どうしても急に必要になった時はどうすれば良いでしょうか。

レンタカーは基本的には予約なしでも利用できる

利用するときには予約をしてからというのが基本ですが、自動車が故障したなどで急に必要になることもあります。その場合、修理工場では代車を貸してくれたりしますが、故障ではなく単に急に必要になった時も利用はできます。しかし、この時はその店に自動車があるときに限るので、必ずしも希望の自動車があるとは限りません。この時は、オートマチックでもマニュアルミッションでも、禁煙車でも喫煙車でもなんでもよいという場合は借りられますが、オートマチック限定の免許だったり禁煙車じゃないとダメと限定すると借りられない可能性はあります。特に、ゴールデンウィークやお盆や正月などの休日が続くときは自動車がないことが多く、なかなか借りられないというのが現状です。そこで、どうしても必要になった時はいくつか方法があります。

急にレンタカーが必要になった時はこんな方法を

急にレンタカーを必要になった時は、どうしたらよいでしょうか。これは大きく分けて2つの方法があります。そのひとつにインターネットで探すという方法があります。これは、特定の店の名前が分かれば早いですが、分からな場合はキーワードで検索して見つけます。インターネットでは全国が出てくるので、地域を入れるとそれにあった店が出てきます。そこのサイトで検索して見つけ出すという方法があります。特に全国展開しているチェーン店などでは比較的見つけやすいです。ただ、この場合は店によりますが最短で1時間前までの予約になります。もうひとつは電話で直接問い合わせる方法があります。今はインターネットが主流になっているので、予約や問い合わせなどすべてインターネットでできます。しかし、これだとやり取りに時間がかかるため、その間に埋まってしまう可能性があります。そんなわけで、最も早い方法としては電話で問い合わせたほうが無難です。駅や旅行代理店などで提携しているところではあり、その場合はそこで問い合わせるほうが早いです。